方法としてはマスキングテープと耐水サンドペーパーを用い、傷部分を平らにした後、傷を埋めて、最後に車のカラーに合った色になじませて、傷がわからないようにするというものです。
カーディーラーに修理を依頼すると、どうなる?

 

 

 

カーディーラーへこれらの車の傷を修理に出す場合どうなるのでしょうか?

 

 

 

大前提としてディーラーでは修理をしないため、下請けに修理を依頼することから料金が、オートバックスや修理工場よりも割高になります。

 

 

 

その理由としては、60~70%ほどが実作業の修理費になり、30~40%がディーラーの利益となるため、消費者からするとロスが大きいです。

 

 

 

メーカーと店舗によって大きく変わりますが、修理専門の業者に回すよりも、1.5~2倍ほど料金に開きがあることも多々あります。

 

 

 

それでも、トヨタの簡易板金サービスとなるキズナックスのように、低額でやってくれることもありますので、今後のサービス拡充に期待したいところですね。

 

 

 

もちろんディーラーへ仕事をお願いすると、仕上がり保証はもとより、代車の手配をバッチリやってくれるので重宝しますが、料金と時間が長くなりますので、注意が必要です。

 

 

オートバックスなど修理工場に修理を依頼すると、時間や修理代はいくら!?

 

 

 

 

 

車のこすり傷が意外と大きかったり、またDIYによる作業が苦手、時間がないという人にオートバックスなどの修理工場をおすすめします。

 

 

 

ディーラーへ持ち込みもいいですが、修理代が割高であると言われていますので、修理専門業者へ持ち込むのがいいでしょう。